【junction】

2017年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年11月
TOPスポンサー広告 ≫ 銀魂スタンプラリーTOP探検 ≫ 銀魂スタンプラリー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

銀魂スタンプラリー

銀魂スタンプラリーに行ってきた!!

気付いたら今週末で終わりらしいじゃないか!!
台紙とかゴールのステッカーとか残ってるだろか…と不安になっていたのやけど、妹が電話して聞いてくれた。

そしたら残ってるってさ!!
なら行こう!
さあ行こう!
すぐ行こう!

てことでテンションあがってきたところに「お父さんも行く」とか言うてきた!
↑スタンプラリーとかそういうの好き。

お父さんが何度もスタンプラリーの台紙を眺めてキャラクターの名前を読む。
「おきた…そうご…」
「たかすぎ…しんすけ…」
「こんどう…いさお…」
「かつら…こうたろう

違う!こうたろうじゃない小太郎だ!!!

…そんなやり取りを何度も繰り返しながら京都駅へ。

京都駅は高杉のスタンプ。
へぇー、さすが人気のある人はスタンプ台の場所がメジャーですよね。
桂なんか京都アスニーとかで「どこやねん!」と言われたのにねー(ひくつになってる)




さて!続いては東に向かって山科駅。
こちらは新八!

スタンプ台ハッケーン!って思って近づいてみたら…

スタンプ台にメガネが!!!

だからお前は新一じゃなくて新八なんだよ!




とりあえず押してみる…。




さすがにスタンプはメガネじゃないね(当たり前だ)

続きまして、琵琶湖疏水記念館。
なんとなーくの場所しか分かってなかったのやけど、お父さんと一緒なのでスムーズに行けた。
おおお!京都市動物園の隣ですか!

こちらのスタンプ台にはマヨがあしらわれております。




つまりは…
マヨラ土方!!!




続いては北上して京都コンサートホール。
我が母校の近くなので余裕ですよ!
コンサートホールに銀魂スタンプとかめちゃくちゃ不釣り合いだ…。
しかし気にせず押すぜ!
神楽ちゃんアルー!




そして移動すること数分。北大路駅へ。
いや、ほんと、駅の改札ん所とか押すの恥しいんですよ…。
しかも近藤さんとかさぁ…。
駅前こそ桂にしていただきたいよ…。




今度は南下しながら西へ。
桂のスタンプを求めてきたのやけど、京都アスニーとか聞いたことない場所に戸惑う。
どこやねん。京都アスニー。
ていうか、何やねん。京都アスニー。
京都アスニーの下車駅だけを頼りに行く。

桂っつーことでソワソワしてスタンプ台へ…。

アレ?なんか…スタンプ台の落書きが明らかに少ないんですけど…。
アアアレ?スタンプ台真白なんですけど…。




ちょーー!!!どんだけ桂人気ないねん!!!
どんだけ桂のスタンプ押してもらってないねん!!!

悔しさでいっぱいになりながらスタンプを押す。




どうよ!!!
かっこいいじゃないのよ!!!
ていうか、なんでこんな交通の便の悪いところに桂のスタンプ台置くんだよ!!
ここは近藤さんとかでいいんじゃないの!?
もしくは土方とかのスタンプ置いていろんな人に来てもらえばいいじゃないか!!
なんで桂なんだよ!!!
中途半端すぎて困るわ。

ぶつぶつ文句を言いながら、太秦天神川駅へ。

ほらーーー!!!!普通はこうやっていっぱいスタンプのいたずらしてあるんだよ!!
どこもスタンプ台いたずらでいっぱいだったのに!!!
ぢぐじょう!!ぢぐじょう!!ぢぐじょう!!




こちらは銀さん!!




初めてスタンプラリーしてる人とすれ違った。
中学生くらいの少年だったよ。
ちょっとソワソワしながらこっち見てきた。
フフフ、頑張りたまえよ!少年!

最後のスタンプポイント、京都マンガミュージアムへ。
ここだけ有料ポイントとかヒドイ!
さすが沖田、タダではスタンプ押させてくれないのだな。
どこまでもドSな子!!!




そしてゴールの烏丸御池駅へ。
何人かの人がゴール地点におられたー。
しかし、みんな4つスタンプ集めてゴールしてる人ばっかりやった。
(スタンプ4つでステッカーが貰える)

ようやくゴールってことでテンションあがって「イエェー!」と言いながら駅員さんのもとへ。
駅員さんも「イェイイェイ」と言うてくれた。

最後のお楽しみスタンプはエリザベス。




きゃほーーーーーーーっ!!!
やったぞーーーーーーーっ!!!
やっぱりフルコンプは嬉しいすなーーーーvvvv

ちなみに完成したスタンプ用紙はこれ!




はーーっvv満・足vv

そして、最後まで桂は「こうたろう」と呼ばれ続けた…。
小太郎なのに…。
スポンサーサイト
探検 | Comments(0) | Trackbacks(-)

Comment













非公開コメントにする
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。